トップページ ヒストリー風よ吹け 最新情報 リンク 通信販売

 SONRISE2000 BOARD ARCHIVES 
 
 
 
 



 JUKE's Archive Feb.-Jun.2008
 ※この期間、ジューク・レコード掲示板へ寄せられた、サンハウスおよびSONRISE2000へのメッセージ・アーカイヴです。


 1974年
 投稿者:長崎のケンボウ 投稿日:2008/06/21(Sat) 01:07 No.95

 自分は18で初めてサンハウス観ました、ハマリました、72年でした。 石岡・浦田さんはスゴカですね。 鶴田さんもイカシてました。 
 鬼平以前の坂田さんは固いですね、サンハウスの重みでしょうか。
 九州の長崎のファンですが、あの時からズゥ〜ット、シビレたままです。

    Re: 1974年
    投稿者:篠山 投稿日:2008/06/23(Mon) 12:20 No.97

    お久しぶり篠山です、お元気そうで何よりです。長崎公演の時はいつもお世話になりました。一度ゆっくり話したいですね。



 魂の博多とロック〜特別編
 投稿者:大坪 投稿日:2008/06/20(Fri) 00:30 No.94

 博多にまたしても熱つい風が吹きましたね!!
 浦田さんから溢れ出るサンハウス時代の音源のお話や貴重な、特別なトークや博多ビート・クラブの迫力ある映像はとっても凄かったです。
 そして、山善さんとの絶妙なからみのトークがジョイントの空間が一段と和み、充実した時間でした。
 有難うございました。ジューク・レコードもそうですが、ジューク・ジョイントの音がレコードの宝庫の深さを革めてしりました!



 Mavis Staples
 投稿者:shinoyan 投稿日:2008/04/25(Fri) 22:09 No.54

 Mavis Staples we'll never turn back 最高です、是非皆さんにも聴いてほしいと思い書き込みします、久しぶりにシンプルな音楽に心を癒されました。

    Re: Mavis Staples
    投稿者:吉田 英樹 投稿日:2008/04/25(Fri) 23:12 No.55

    了解致しました!素晴らしいメイヴィス・ステイプルズを早めに ゲットします。
    ライ・クーダーがプロデュースですね。ちょっと前に「ブルースヴィル・渋谷」で”Eyes On The Prize”が聴けた時はたまりませんでした!!



 サンハウス参りました!
 投稿者:takesawa 投稿日:2008/05/25(Sun) 00:42 No.73

 このたび「一番列車ブルース」「ハウス・ストンプ」が届き聞きました!
 頭の中でライブシーンが浮かび、まるでその場所にいるような臨場感を感じながら全曲繰り返し聞いていました。
 サンハウスはいろいろと聞いてきましたが当時を感じさせてくれる大変貴重なアルバムだと確信しております。
 また紙ジャケ「ハウスレコーテッド」もレコードよりだいぶ音質が改善されたようで聞きやすく(個人感)なっており改めてお気に入りの1枚となっています。
 関係者さまありがとうございました!



 ブルースを歌いたい!!!
 投稿者:mississippi big road blues kunihiko 投稿日:2008/05/17(Sat) 16:48 No.70

 ぱわぁはうす19740209一番列車ブルース=ファースト・トレイン・ホームのタイトル曲“一番列車ブルース”ですが
 自宅にて最初にこのCDを回した時思わず一緒に歌ってしまいました。勿論何回掛けても一緒に歌ってしまいます。



 力強い列車、我が家に来てくれました
 投稿者:大坪 投稿日:2008/04/29(Tue) 22:05

 「一番列車ブルース」有難ございました。
 またしても、最高の最高のものが本日届き、心は走る、頭は走る……って、宙に浮いております!嬉しくてなりません。
 博多ロックの原点、今からドキドキでCDの開封をするところで〜す!!



 一番列車
 投稿者:てつひと 投稿日:2008/04/29(Tue) 09:40 No.60

 一番列車が博多を出発して、到着しました。
 1974年のその場に居合わせたかのような興奮の中の心地よさがそのまま真空パックされていて。
 400円分の切符を買って次の駅までいきます。



 一番列車ブルース!
 投稿者:諸石 覚 投稿日:2008/04/29(Tue) 01:23

 「一番列車ブルース」早速堪能いたしました!
 何という生々しさでしょう!”ザ・ビッグ・ボート”の鮎川さんと篠山さんの立体的に絡むツインギターに心躍り、
  ” ふるさとのない人達”の柴山さんの歌心に胸をしめつけられ、奈良さんのベースが唸る”アイム・ア・マン”で、心は英国経由で米国チェススタジオへ!
 それに何といっても浦田さんの芸術的なハイハットさばき!この場所に居合わせてみたかった!
  篠山さんのポストカードも素敵です。”スランパーズ”、”キース”と嬉しくなるキーワードがさりげなくちりばめられてて思わずニヤリです!
  今回も素晴らしいCDをありがとうございました!



  凄い!
 投稿者:なまず 投稿日:2008/04/28(Mon) 19:11 No.57

 朝一番列車ブルースが届いて聴いていますが、凄いです!
 圧倒的な演奏力、パワーそしてパワーハウスのざわめきまで。
 浦田氏のドラムも鬼平に負けず素晴らしい。山善のライナーも面白かったです。
 次のリリースもぜひお願いします!



 感激のハウス・トンプです!
 投稿者:大坪 投稿日:2008/03/31(Mon) 23:52 No.38

 今日、ハウス・トンプ届きました。有難うございました。
 本当は昨日だったのに、留守をしていて今日になりました。
 開封すると、山善さんの貴重なポスト・カードも入っていて、感無量でした。
 勿論、本当に偉大な貴重なサンハウスの皆様のお若い頃の写真、当時の生音が、現在聴けるなんて、
 これはまさに世界遺産の一つと言っても良いのではないかと思ってしまいました!!最高です。



 ハウスストンプ到着しました!
 投稿者:廣崎雅之 投稿日:2008/03/31(Mon) 22:43 No.37

 気がついたら既に発売日で、家のポストにジュークレコードからの封筒が一つ。 お、そうだ!!
 待ちこがれていたのに、すっかり忘れかけていたサンハウスの新譜!!
 今まさに聞きながら、書き込んでいます。
 マイク2本での生録音とは思えない音とジャケットのメンバーの若い姿をみながら、当時を想像しています。
 こんなすばらしいCDを発売してくれてありがとう!!!です。
 山善のサイン入りポストカードもGoooDですよ。
 次の新譜?もたのしみです!!



 HouseStomp!!
 投稿者:諸石 覚 投稿日:2008/03/30(Sun) 21:33 No.36

 ヘビーローテーションで堪能しています!
 思い切り期待して待ってましたが、それを楽々上回る凄いアルバムです!
 録音当時のことを知る由もない僕にとっては、想像の中だけでも”ぱわあはうす”を体験させてもらえて嬉しい限りです。
 でも何より興奮するのはこのCDが時代に関係なく強烈な音だということ。
 発掘音源という類いのCDは数多く見かけますがこの”HouseStomp”はそういったものでは無く、
 ストーンズの”Get Yer Ya-Ya's Out!”みたいな強烈なライヴアルバムみたいに感じました。
 興奮のあまり生意気なことを書いてしまいました。
 SONRISE2000様、素晴らしいCD を発売して下さりありがとうございます!



 ハウスストンプ 投稿者:てつひと 投稿日:2008/03/29(Sat) 23:14 No.35

 本日CD受け取りました。
 スタッフの皆様 心よりお礼申し上げます。
 これからじっくり聴き込みます。
 ポストカードも頂きました。
 山善さん本当に有難う御座います。迫力が伝わってきます。
 これからも宜しくお願いします。



 無題
 投稿者:中原 隆司 投稿日:2008/03/29(Sat) 19:07 No.34

 今日、CDが2日も早く届き本当に有難うございました。
 早速、家で聞いていますが、家族がうるさいので車でじっくり聞きたいと思います。
 これからも貴重なCDを提供してください。



 ハウス・ストンプ グッジョブ!!!
 投稿者:MISSISSIPPI BIG ROAD BLUES 投稿日:2008/03/29(Sat) 19:05 No.33

 ハウス・ストンプは28日にゲット出来て今の所5リピート以上はしました。(数えてません…笑)
 録音状態ですが想像していたよりも良い音でヨレていないしバンド・アンサンブルのバランスもオイラの好みでなかなかGJだと思います。
 …にしてもRRの真っ最中のアレンジは結構レアですね。
 やはり同じ曲でも鮎川さんのギターは毎回違いますネ、流石です。
 鮎川誠さんのギターが1974年で既にパーフェクトなのを改めて確信しました。
 シカゴ・バンド・スタイルのアイム・レディも「せーのっ」的なゴキゲンなノリでイカしています。
 曲目リストでは17曲でも実際CDデッキにCD入れると19にカウントされるのですが、愛嬌と言う事ですね…笑。
 まだ聴いていない人も多いと思いますのでネタばれはコレぐらいで…お楽しみに。

  本日よりハンドルネームを
  BIG ROAD BLUES KUNIHIKO
  から改め
  MISSISSIPPI BIG ROAD BLUES
  に致しましたので今後とも宜しくお願い致します。



 ハウス・ストンプ
 投稿者:斎藤 投稿日:2008/03/29(Sat) 18:17 No.32

 今日の午後来ました、ありがとうございます!
 わくわくして封を切って聴きました、と言うか今も聴いてます。
 信じられないくらいに音が良いです。
 きっと何か魔法が働いてるんだと思ってるんだけど(笑)。
 最近、古い戦前Bluesを聴く事が多いんですが、例えばですがメンフィス・ジャグバンドみたいな
 ちょいと小粋な?演奏なんかはもう34年前にお手の物だったのか、と改めて気づかされて愕然としました。
 多分私は10年前に貰った”Bluesにとりつかれて”のコピーを、又引っ張り出して読むと思います。


 

 Archive Nov.2007-Sep.2008
 ※この期間、スクリプト型掲示板を設置せず、SONRISE2000へのメール送信→メッセージ掲載、という形式でした。

 JUMP TO THE TOP



 2008年9月12日 20:43:01

  ひさびさにSUNHOUSEを車の中で聴きました やはりドライブにはこれだな〜
  地獄には行きたくないけどね
  盤は「STREET NOISE」でした
  「一枚だけ残してあとのお前のレコードやCDを全部捨てろ」としょうがなくて命令されたら 俺はこれを残す!
  『悲しき恋の赤信号』と『ぬすっと』が感動的で 聴くときまって カウパー氏線液が出てしまう始末

  差出人:ANONYMOUS



 2008年5月27日 01:33:27

  今、サンハウスに熱くなっています!!!
  最新最古のアルバムが姉妹品として2枚連続してリリースされたからです。
  この2作品は、我が部屋で毎日のようにCDを流しています、
  そりゃもう、とにかく新鮮で新鮮でたまらないからです。
  中学生の頃サンハウスを初めて聴いた時も勿論、
  新鮮でしたがその頃よりも“ぐっと”新鮮かも知れません?
  特に
  ハウス・ストンプの“なまずの唄”
  一番列車ブルースの“落ち目の唄”
  のBIGな演奏には心から感服しています。
   実は小生1960年代生まれの若年の為これらのアルバム収録時 リアルタイムでは過ごせなかったのです。
  しかし、「この時代に生まれたかった」 何てな全然思いません。 こうやって時を越えて歴史的名作を聴けるので、それだけで充分です。
  いや、逆に伝承として聴ける事こそが真の幸せではないか?
  …と思います。
  ストーンズの作品だって50年代ブルースだって、戦前ブルースの作品だって ちゃんと伝承できますから幸せなのです。
  又、未知のライヴの光景を想像するのも楽しいし…
  想像は大事な事!!!
  あ〜♪♪♪サンハウスの足跡!!!
  もっともっと伝承したいものです。

 差出人:MISSISSIPPI BIG ROAD BLUES KUNIHIKO



 2007年12月29日 02:24:04

 11月18日のライブ以来、何度も、CDやら、DVD(自分で撮ったの)聴いて、
 サンハウスに、はまってます。(ジライヤより)それ程、嬉しかったんで、風音は、VOL.1にとどまらず、続く限り続けていただきたいです!!!!!
  風よ吹け、をDVDのタイトルにしたのも、たまらないです。
 銀杏BOYZも、風とロックとか、イベントしてまして、サンハウスの風音で、博多にも、又、風が吹き出す事を、願ってます!
  12月23日、別府橋のハートストリンガーとかスタジオで、偶然、サンハウスのなまずの唄、地獄へドライブ、キングスネーク、
 を演ってるのを、撮ったんですが、やっぱ、キングスネークだけは、菊様でないとだめです。

 差出人 : クマ



 2007年11月28日 0:35:02

 ご報告ありがとうございます。
 MARUちゃんの『WEBPLUGGED』ですが私のHPにもリンクしました(フリーだったので大至急)。
  勿論、これからも応援して行きます。
  著書「博多とロック」は「昨年の“博多のロックに体当たり”」の前売りにて購入して完読済みです。
  私のフェヴァリット本であります。

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO



 2007年11月27日 5:57

 早速 “ TOSHIHIRO NARA official site ” 拝見しました!!!
 …いつの間に再始動? 昨昼もしくは昨夜はまだ閉鎖中だったような?
 とにかく、よかった、よかった。

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO

-------SONRISE2000スタッフより
 いつもありがとうございます。奈良氏HP、サーバ変更に伴うアドレス変更とのことです。
 新リンク先のMARUのページでもサンハウスメンバーの画像・記事・インタビュー・レポート等
 御覧頂けます、是非アクセス、応援を!!



 2007年11月26日 4:07

 菊さんのサイト(ブギー・チレン)更新があり♪♪♪  “風音の写真”がUPされましたよ〜
 http://boogiechillen.x0.com/

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO



 2007年11月25日 2:34

 「サンハウスへの手紙 〜 LETTERS TO SONHOUSE」の皆様のお手紙すべて拝見いたしました。
 サンハウスへの情熱たっぷりの思いを持つ方々が全国に沢山いることをまざまざと知り嬉しい限りです。
 サンライズ2000様、このような企画をして頂きどうもありがとうございました。
 私は98年の“伝説LIVE”、“風よ吹け”に引き続き、今度の“風音Vol.1”で3度目のサンハウスのライブでした。
 しかし、事情があり、今までのサンハウスの色々なライブへ行きたくても行けなかった方々がいる事を知り、胸がいっぱいです。
 仕事、学校、家庭、時間、距離、金銭面、情報不足など様々な理由から行けなかったのだと思います。
 こんな私も98年の“シークレット@ロフト”へは行けませんでしたし…(泣)
 ですから今回の“風音Vol.1”ライブへ行けなかった方々の為にもライヴ模様の音源や映像を何らかの形で体験して頂けたらよいのだが?
 などと思いましたので、GBに書き込み致しました。

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO



 2007年11月24日 21:32

 先日行われたライブはホントにいかしてた。最高だった。
  生きてるうちに生でサンハウスが見れるとはありがたやであった。
  サンハウスはブルースが基調になっているのでリズムが非常に心地よい。
 “f分の一のゆらぎ”を感じさせる気持ちよさだ。
  これは、悪いけども80年代以降に出てきたバンドには出せない味わいだ。
  元々が70年代初期からのバンドなのでパンクの影響はないので変にビートビートしてないのに加えて、
 メンバー個々が重ねてきたキャリア、年輪が音にも現れてシブイ男の色気満載の演奏、ステージングであった。
  このステージはぜひともまたCD、DVDにして欲しい。(当然するだろうけど)。
 そして出来れば「クレイジー・ダイヤモンド」も新たにリミックスして出してもらいたい気もするのだが。ぜひ、ご検討を。
  p.s風音シリーズ、次回やるのなら、出演者をもっと絞って長すぎないようにして欲しい。
 5〜6時間も立ちっ放しはいくらなんでもキツイ。 ぜひご再考を。

 byなお



 2007年11月24日 2:16:44

 “風よ吹け”CD盤がイカすのです!!!
 CD盤は単にDVD盤よりも曲数が少ないだけだと思われては困ります!!!
 DVD盤には入っていない名曲 “おいら今まで” が入っているのです!!!
 しかも、今回のボーカルは菊さんではなく鮎川さんがとっているという、 トレビアもの!!!(元々は詩、曲とも鮎川さん作)
 この曲は60年代キンキー・ナンバーに影響が見られるのですが  それにしてもギタ・ワークにゾクゾクして満足できます!!!
 私が鮎川さんの歌い方で好き所は、普段話されている時と同じ感じで 歌われるところです。
 声は勿論だけどイントーネーションやトーン、リズムまでがも全く一緒(笑)
 だから、いつも安心できて、とっても聴き心地が良いのです。
 逆に言えば歌う時と同じ感じでいつも、お話されているのかも知れませんね?(笑)

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO



 2007年11月23日 2:41:06

 SONRISE2000様♪♪♪
 サンハウス・グッズが欲しいところですね〜
 ギターに貼るステッカー、ギター用ストラップ、ギター用フラット・ピック、
 革ジャンやジャケットに付けるバッジ、あるいは携帯に付けるストラップなどなど…
 デザインは“バンド名のロゴ”や“菊さんのキングスネークのマイク・パフォーマンスのシルエット”などでどうですか?

 差出人 : BIG ROAD BLUES KUNIHIKO


 JUMP TO THE TOP






トップページ ヒストリー風よ吹け 最新情報 リンク 通信販売